a:1583 t:4 y:3

りんご達のプロフィール

 画像をクリックすると拡大画像がご覧いただけます。
 ただし、携帯電話(ガラケイ)からご覧の場合は変わりません。スマホはOKです。

画像品種食べごろ特徴/特色
手塚郁夫りんご園/さんささんさ9月上旬早生種のリンゴ。「ガラ」×「あかね」の交配で育成され1988年3月5日に品種登録されました。サイズは200~250gと やや小ぶり。果皮は鮮やかな紅色。果肉は白くて緻密。甘みと酸味のバランスがよく、果汁が豊富でシャキシャキとした食感が楽しめます。
昂林(こうりん)昂林(こうりん)9月下旬“早生ふじ”の一品種で食味・外観に優れ、甘酸のバランスが良く食味良好。
果皮の着色は良く、果実全体に紅色縞状不規則に着色。果肉は黄白色で多汁、肉質は緻密で硬く、甘酸適和で食味は良好です。
ジョナゴールドジョナゴールド9月下旬アメリカ原産。ゴールデンデリシャス × 紅玉の交配種。酸味があり、きわめて濃厚な味わい。1970年に秋田県果樹試験場によって日本に導入された。シャリシャリ感のある果肉で酸味と甘みのバランスが良く、生食の他にお菓子・料理用に向く。低温管理が必要。
秋映秋映(あきばえ)10月上旬「千秋」と「つがる」の交配種。甘さと酸味のバランスがよく、濃厚な味わいが楽しめる。色は濃厚な赤でリンゴの産地でも比較的温暖で低標高な地帯でも栽培に適した品種。つがるの特性を引き継ぎ、果肉がしっかりしており食味に優れる。日持ちがよい。
ひろさきふじひろさきふじ10月上旬ふじの枝変わりで1カ月ほど早く収穫できる。ふじに似ていて完熟品は蜜も入ります。果汁が多く酸味が少ない。
紅玉紅玉10月上旬1871年に開拓使によって導入され、1900年に邦名を紅玉と命名(英名ジョナサン)。美味しいリンゴの代名詞として、国光とともに一世を風靡。その名の通りつややかな深紅のリンゴで、やや小玉で酸味が強く果肉のきめは細かい。現在では生食用としては一般的ではないが、芳香があり菓子(アップルパイ)などへの加工用途に用いられることが多い。
シナノスイートシナノスイート10月上旬1978年長野県果樹試験場。ふじ×つがるの交配種。赤〜濃赤色縞状に着色。果汁が多く甘さが強い。香りも良く甘酸適和で食味よし。
清明(せいめい)清明(せいめい)10月中旬「ゴールデンデリシャス」と「ふじ」の交雑実生から育成・選抜した品種。果肉の色は黄白色で多汁。糖度も相当高いが酸度が少なめなので、特に甘味を感じます。果重は 300~350g。貯蔵期間も長い日持ちの良いりんご。
スターキングスターキング10月中旬アメリカ原産。デリシャス系。1921(大正10)年に デリシャスの着色系枝変わりとして発見された。芳香があり甘く、食味良好です。貯蔵性は常温管理ではボケ易いので、低温管理をしないと軟化しやすいりんごです。「蜜入りんご」として人気のある品種。
陽光陽光10月中旬ゴールデンデリシャス系。真っ赤に色づき甘さと酸味のバランスがよく、濃厚な味わい。日持ちがするため贈答品としても最適。見栄え歯ざわりがよく、食味に優れている。
青りんご「名月」名月10月下旬青りんご。「あかぎ」と「ふじ」の交配種。正式名称「ぐんま名月」。黄緑色の地で若干黄色に着色。酸味が少なく果汁が多く食味良好(さわやかな味)。日持ちが良い品種。
王林王林10月下旬ゴールデンデリシャス×印度の交配種。緑色に斑点のついた外見が特徴の晩生品種で、香りと甘みが強い。貯蔵性は非常に優れており、春先までよく出回っている。
青林「幻のりんご」青林11月上旬「レッドゴールド」の自由交雑実生から育成・選抜した品種。「幻のりんご」として人気急上昇。果肉は黄白色で多汁。甘味が高く、酸味が少ないため甘みを強く感じる。日持ちの良いりんご。
品種:はるかはるか11月上旬「ゴールデンデリシャス」の自然交雑種子を播種・選抜育成した品種。贈答用に人気急上昇中。果肉は黄色で硬くしまり肉質良く果汁多い。パイナップルを食べたような食感。糖度が高く酸味少ない。芳香があり食味最高。
サンふじサンふじ11月上旬国光×デリシャスの交配種。世界りんご品評会入賞歴があり、りんごの王様。蜜入りの多いりんご。品種名の由来は、育成地である青森県藤崎町と名峰富士山にちなんだもの。袋をかけずに太陽の光をいっぱい浴びて育った果実を「サンふじ」と呼ぶ。





a:1583 t:4 y:3


powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK